短期インターンシップ生 募集中!

ただいま短期インターンシップ生を募集しています!

工場見学だけでは伝わらない選別作業や計量作業などを体験していただけます。
J.FECで働いてみたいけど、その前にどのような作業を行っているか知りたい!
という方は是非ご応募くださいませ!

事業の概要から飼料製造の作業、廃棄物を処理するための法律について等、
幅広くご体験いただける2日間となっています。
1日間、長期なども対応しますので、ご希望の方は別途ご相談ください。

詳細は下記バナーよりインターンシップガイドの募集ページをご確認ください。
応募もそちらからお願いいたします。

 

 

ご不明な点はお気軽にご相談くださいませ。
ご応募お待ちしています!

凪スピリッツジャパン様の取組(弊社での飼料化)がサタデーステーションで紹介されました!

弊社で食品循環資源の飼料化をしている凪スピリッツジャパン様の取組が、サタデーステーションで紹介されました!

下記のリンクよりご覧いただけます。
絶品!地球に優しい 濃厚煮干しラーメン「ラーメン凪」|テレ朝news

映像を見ていただくと、おいしいラーメンを作る過程でどうしても出てしまうガラの部分を、飼料化に向いているもののみに丁寧に分別し、リサイクルに繋げていただいている様子がお分かりいただけるかと思います。

凪スピリッツジャパン様は1月にも食品リサイクルの取組で紹介をされていました。
リサイクル率80%! 「ラーメン凪」の煮干はスープを取った後どうなっているのか?(井手隊長)Yahoo!ニュース

このように地球に優しい食品製造の取組を積極的に紹介していただくことで、それを選ぶ私たち消費者の行動も少しずつ変わっていき、食品ロスの廃棄削減や循環型社会の形成へとつながっていくと思います。

絶品で地球に優しい、ラーメン凪様の濃厚煮干しラーメンを、是非一度召し上がってみてはいかがでしょうか?

最新の食品ロス発生量の推計値(令和2年度)が公表されました

去る6月9日、農林水産省及び環境省より、令和2年度の食品ロス量の推計値が公表されました。

令和2年度の食品ロス量は522万トン(前年度570 万トン)、このうち、食品関連事業者から発生する事業系食品ロス量は275万トン(同309万トン)、一般家庭から発生する家庭系食品ロス量は247万トン(同261万トン)となりました。

なお、数値の内訳等詳細な情報につきましては、農林水産省及び環境省のプレスリリースをご参照ください。

食品ロス量及び事業系食品ロス量は、いずれも食品ロス量の推計を開始した平成24年度以降最少となっていますが、まだまだ多くの食品が食用に供されることなく廃棄物として処分されています。

私たちJ.FECは、「食品ロスに新たな価値を」をスローガンに、引き続き食品ロスの削減と有効活用の促進に向けた様々な取組を推進してまいります。

「エコライフフェア夏」開催中です!

板橋区立エコポリスセンター主催のイベント「エコライフフェア夏」が、今年の夏も開催されます!

「エコライフフェア夏」は板橋区立エコポリスセンター様が6月の環境月間に毎年実施している環境啓発イベントです。今年度もWeb開催を基本に、館内展示および館内体験コーナーの三通りの方法で実施されることとなりました。詳細は以下の公式ページをご確認ください。

令和4年度 エコライフフェア夏
https://itbs-ecopo.jp/event/know/fair/post-34126/

弊社はWeb版(6月1日~7月1日まで開催)に出展させていただいています。
よろしければぜひご覧ください。よろしくお願いいたします!

【申込受付中】7/2(土)食育実践セミナー(オンライン)で弊社の取組が紹介されます

一般社団法人食品ロス・リボーンセンター様が主催する「食育実践セミナー」で、弊社の資源循環の取組が紹介されます!

このセミナーは、「子どもたちへの食育から地域で取り組むSDGsへ~食育と地域の小さな資源循環の実践を学ぶ」というテーマのオンラインセミナーで、エコフィードを題材にして食育についての講演や実際に取り組む事業者の活動紹介、コミュニティの紹介などを通して、食育プログラムの実践を考えている方への後押しを目的としています。

詳細は以下のとおりです。
開催日時:2022年7月2日(土)10:00~12:00
開催方法:Zoomウェビナー(事前申し込み)
参加費用:無料

イベントの詳細はこちら

下記チラシをクリックするとPDFでご確認いただけます。

第一部では武庫川女子大学 教育学部の准教授 藤本様の講演のほか、弊社のリキッド発酵飼料もご使用いただいている株式会社あずみ野エコファーム 代表取締役 川上 弾 様をゲストに、生産現場での活動についてのお話がございます。

第二部では弊社の食品リサイクル事業の紹介と主催者である一般社団法人食品ロス・リボーンセンター様の食品ロスの活用事業について紹介されます。

近年では小学校などでもSDGsに関する授業が増え、子どもたちに循環についてどのように伝えていくか、試行錯誤されている先生方もいらっしゃるかと思います。
地域での体験を通して学ぶ機会を作っていくためのご参考になるかと思いますので、
ご興味のある方は是非ご参加ください!

【工場見学料金 改定のお知らせ】

平素は弊社をお引き立ていただき、誠にありがとうございます。

この度、弊社工場をご見学いただく際の料金につきまして、本年6月1日受付分より下記の通り改定させていただくこととなりました。

・学生(小学生~大学生):お一人様 500円
・一般:お一人様 800円

* 団体の方は別途お問い合わせください。

以上となります。
誠に恐れ入りますが、ご理解ご了承の程、よろしくお願い申し上げます。

横浜銀行様よりさがみはらバイオガスパワー株式会社への資金協力についてニュースリリースされました!

5月26日に横浜銀行様よりさがみはらバイオガスパワー株式会社への資金協力についてニュースリリースされました!

さがみはらバイオガスパワー株式会社への「SDGsグリーンローン」による資金協力について

J.FECが中心となり進めてきた相模原市バイオガス熱電併給事業の事業主体であるさがみはらバイオガスパワー株式会社(代表取締役 髙橋巧一)は、横浜銀行様の組成する「SDGsグリーンローン」により、5月27日(金)に資金協力を受けました。

このグリーンローンは、資金の使いみちを各種国際原則等における環境改善(グリーン分野)の適格プロジェクトに特定し、資金協力後も調達資金の管理やレポーティングを通じて、透明性が確保されるローン商品です。

このように、環境問題の解決に向けた取り組みに対して注目していただくことは、このプロジェクトに協働している弊社としても誠に光栄に思います。

このバイオガス発電事業化プロジェクトによって、さらに多様な食品ロスの有効活用を進め、循環型社会の発展を目指してまいります。

さがみはらバイオガスパワー株式会社についてはこちら

【開催終了】相模原青年会議所 公開委員会にて弊社代表の髙橋が講演を行いました!

5月17日に相模原青年会議所様が開催した「パートナーシップ共創委員会 5月公開委員会」にて、弊社代表の髙橋が講演を行いました!

相模原青年会議所経営グループ_パートナーシップ共創委員会

相模原青年会議所様とはSDGsへの貢献とさらなる地域活性化を目指し協力をさせていただいており、前回のMOTTAINAI2.0大展示会に続いて今回も「SDGsが生み出す新たな経営戦略~SDGs×経営戦略~」といったテーマで講演をいたしました。

SDGsに取り組むことが企業にどのような変化を与え、なぜSDGsに取り組むことが今後必要とされるのか、弊社の取組事例を交えてお話しし、「理解しやすかった」「SDGsは特別な取り組みではないと認識できた」などのご感想をいただきました。SDGsや食品ロス問題についてより身近に考えていただく機会をご提供できたなら嬉しく思います。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

SDGsポータルサイト「スペースシップアース」に記事が掲載されました!

エレビスタ株式会社様(https://erevista.co.jp/)が運営するSDGsポータルサイト「スペースシップアース」に、弊社の取組みについてのインタビュー記事が掲載されました。

株式会社日本フードエコロジーセンター|食品廃棄物を飼料に。「もったいない」精神で食の循環を

弊社代表の髙橋が、会社の理念やこれまでの取組み、今後の展望などについてお話しさせていただいています。
上記リンクからお読みいただけますので、よろしければぜひご覧ください!

山形大学附属小学校の生徒様が作った本で、弊社が紹介されました!

山形大学附属小学校の生徒さんが作った『小学生による 小学生のための よくわかるSDGs』という本で、J.FECの取組みを紹介していただきました!

この本は4年生の「総合的な学習の時間」1年分、約70時間をかけて制作されたものです。
SDGsの17の目標をわかりやすい言葉で伝えるとともに、それぞれの目標に関係する団体、企業、学校等にインタビューして「目標達成のためにどのような取り組みがされているか」を理解し、私たちにできることは何かを考える内容となっています。

私たちJ.FECは目標2「飢餓をゼロに」との関係で、小学校の皆さんにお話をさせていただきました。
とても熱心に聞いていただき嬉しく思っていたのですが、このような立派な本になって帰ってくるとは想像しておらず、本当に驚いてしまいました。
担任の先生にお願いし、弊社関係の部分について掲載の許可をいただきましたので、この場でご紹介させていただきます。

本文(J.FEC関係部分)  ・お手紙

非売品ということで注文等はできないのですが、他の部分も素晴らしい内容で、もしどこかで見かけた際はぜひお手に取ってみることをお勧めします。
山形大学附属小学校の皆さん、本当にありがとうございました!