カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

9/29-30開催の「グローバルフェスタJAPAN2018」に協賛・出展します!

弊社は9/29-30に開催される「グローバルフェスタJAPAN2018」に協賛いたします。

「グローバルフェスタJAPAN」は、国際協力活動を行う政府機関やNGO、企業などが一堂に会する国内最大級のイベントで、本年は開催テーマを『Action for all ~小さなことから変わる明日へ~』とし、世界を変えるための17の目標 “SDGs” を切り口に、日本の国際協力の取組み等について様々なコンテンツで紹介されます。いわゆる「食品ロス」の削減・有効活用は国際的にも重要なテーマとなっていることから、飼料化という形で食品のループリサイクルに取り組んでいる弊社が本イベントに協賛させていただくこととなりました。

開催期間中は弊社の取組みについてのパネル展示を行うほか、9/30(日)の12:30~13:00に「『食品ロスに、新たな価値を』~日本フードエコロジーセンターの取り組み~」と題して弊社の活動報告を行う予定となっています。
数百のNGO・企業様などの展示やフードコート、ビンゴラリーなど、体験しながら楽しく学べるイベントとなりますので、よろしければ是非ご来場ください!

■イベント公式HP
http://www.gfjapan2018.jp/

■イベント紹介チラシ
グローバルフェスタ2018チラシ

■公式ツイッター(弊社紹介)
https://twitter.com/globalfesta2018/status/1037898694853459968

【外務省様にリツイートいただきました!】

食と人の交流イベント「JAPAN FUSION」に参加しました。

3/15(木)にザ・リュクス銀座で「JAPAN FUSION」と題したイベントが行われ、弊社の飼料で育った美味しくてエコな豚肉『安曇野ポーク』を中心とした料理が登場しました。このイベントは「『食』を通じ、本当の意味で豊かな日本をつくる」をコンセプトに様々な業種の方が交流を深めあうことを目的としたもので、今回は100名近くの方が参加され、フランス料理アカデミー会員でもある山岸シェフが腕を振るってくださいました。また、長野県の特産品や日本酒などが展示・振る舞われ、この日のテーマにふさわしく素晴らしい交流会となりました。

以下では写真でイベントの様子をご紹介しています。ちなみに一番下の写真、左でマイクを持っている方が『安曇野ポーク』を生産しているあずみ野エコファームの川上さん、中央がこのイベントを企画された大川原さん、そして右側の方が山岸シェフになります。

イベントの詳細はこちらから→

P1060348

 

P1060377

 

P1060363

 

P1060368

 

P1060357

【事務スタッフを募集しています】

日本フードエコロジーセンターでは現在、スタッフを募集しています。業務内容はパソコン(Word、Excelなど)を使用したデータの入力等の事務作業やお客様への対応が中心で、飼料製造の現場も経験していただくこともあります。未経験の方でも親切丁寧に指導いたします。

ご興味がおありの方は下記の応募条件をご覧いただいた上で、お電話(042-777-6316)かお問い合わせフォームでご連絡ください。

【応募条件】心身ともに健康で、明るく元気に挨拶のできる女性の方。当社近隣にお住まいなら尚更可。

本日の朝日新聞で弊社が紹介されました。

本日2/6の朝日新聞社会面「恵方巻き 定着の裏で大量廃棄」と題した記事で、弊社が紹介されました。節分の季節商品である恵方巻きを切り口として、多くの食品ロスが発生する中で余剰食品を豚用の飼料にリサイクルする弊社の取組みが取り上げられています。

また朝日新聞デジタルのサイトでも「恵方巻き、大量廃棄の現実 店頭に並ばないケースも…」と題して同趣旨の記事が掲載されています(2/3配信)。動画や画像など、とても分かりやすくまとめてくださっていますので、よろしければ是非ご覧ください。

当該記事はこちらからご覧いただけます→

2017年度経営者「環境力」大賞を受賞しました!

弊社代表取締役の髙橋が、「2017年度経営者「環境力」大賞」(主催:認定NPO法人環境文明21、日刊工業新聞社)を受賞いたしました。

同賞は2008年度に創設され、「環境力」ある中堅中小企業経営者を全国から募集し、企業経営に対する思いや考え方、事業活動を多くの方に知っていただくために、毎年実施されているものです。
(顕彰式の日程等、詳細は環境文明21様のホームページをご覧ください。また日刊工業新聞様のサイトでも本件記事が掲載されています。)

弊社は「『食品ロス』に、新たな価値を」をテーマに、「もったいない」という日本の文化を尊重しながら、社会の中に食の循環を構築していくことに取り組んでまいりました。今回の受賞を励みとし、持続可能な社会の実現へ貢献できるよう、さらなる努力をしていく所存です。今後とも皆様の暖かいご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

環境大臣政務官の武部新議員が弊社を訪問されました。

本日、衆議院議員である武部新様が弊社を訪問されました。

武部議員は現在、環境大臣政務官・内閣府大臣政務官を務めておられます。この度はSDGs(持続可能な開発目標)や食品ロス等への対応を推進する観点から、食品循環資源のループリサイクルを構築している弊社を視察されました。以下では工場見学や懇談の様子をご覧いただけます。

【追記】1/22付け循環経済新聞で、当日の様子が紹介されています。当該記事はこちらから→

DSCF6745

DSCF6747

DSCF6752

DSCF6753

DSCF6757

DSCF6766

P1060279

あけましておめでとうございます【新年のご挨拶】

新年あけましておめでとうございます。
日本フードエコロジーセンターは2018年も「『食品ロス』に、新たな価値を」をキーワードに、”もったいない”食べ物を少しでも無駄にしないための取り組みを進めてまいります。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

10/18発行の環境新聞で弊社の取組みが紹介されました。

10/18発行の環境新聞で弊社の取組みが紹介されました。「食品リサイクルのブランド化に向けループ構築」と題して、食品循環資源から製造した良質なリキッド飼料による豚肉のブランド化で『食べものの “環” 』を構築する弊社の事業を詳しく説明してくださっています。

当該記事はこちらからご覧いただけます→