SDGsへの取り組み

J.FECはSDGs達成に向けた取り組みを行っております。

持続可能な開発目標(SDGs)とは

  • SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。
  • 世界が2016年から2030年までに達成すべき17分野の国際目標として世界193か国が合意し、2015年9月の国連サミットで採択されました。
  • 「だれひとり取り残さない」(No one will be left behind.)をスローガンに、地球環境や気候変動に配慮しながら持続可能な暮らしや社会を営むための指針となっています。
  • このSDGsは17の目標と、各目標を実現するための169のターゲットから構成されています。 極度の貧困や飢えをなくす、といった従来の開発目標に加え、ジェンダーの平等や良好な雇用環境づくり、生産と消費の見直し、海や森の資源保護、 安全なまちづくりなど、先進国を含めたすべての国・地域を対象とし、様々な目標を含めていることが特徴です。

日本フードエコロジーセンターの取り組みとSDGs

ターゲット12.3(2030年までに小売・消費レベルにおける世界全体の一人当たりの食料の廃棄を半減させ、収穫後損失などの生産・サプライチェーンにおける食品ロスを減少させる。)を中心に、様々な取り組みを行っております。

詳しくは、下記資料をご覧ください。

ページの上部へ